HOME > コンテンツページ
相続人のhead_img

相続人

相続人とは、相続により被相続人の財産上の権利義務を承継することのできる一定範囲内の親族のことです。相続人は、被相続人の配偶者と一定範囲内の血族に限られています。

1.相続人とその順位

配偶者

配偶者は常に相続人となります。
婚姻届を出した正式な場合に限られます。事実婚や内縁の場合は相続人とはなりません。また、離婚した過去の配偶者も相続人とはなりません。


第一順位の相続人

被相続人の直系卑属です。
まずは、子です。子が既になくなっている場合や相続欠格、廃除されている場合は孫が子に代わって代襲相続します。
第一順位の相続人が相続する場合は、第二順位、第三順位の相続人に相続権はありません。


第二順位の相続人

被相続人の直系尊属です。
父母、祖父母、曾祖父母の順になります。



第三順位の相続人

被相続人の兄弟姉妹です。
第一順位、第二順位の相続人がいないときに初めて相続人となります。


 

2.相続における胎児の地位

相続開始時に胎児であった者は、すでに生まれたものとみなし相続人となります。

お問い合わせはコチラへ!

icon 電話番号00-0000-0000 icon FAX00-0000-0000
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る