HOME > コンテンツページ
寄与分のhead_img

寄与分

共同相続人中に、被相続人の事業に関する労務の提供又は財産上の給付、被相続人の療養看護その他の方法により被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をした場合に認められるものです。
「被相続人の事業に関する労務の提供」
・無給で農業、製造業などを手伝う場合など 「財産上の給付」
・無償での貸し付け 「被相続人の療養看護」
・病気になった被相続人に付き添えなど
特別の寄与によって、被相続人の財産の維持又は増加という結果がもたらされることが必要です。

寄与分権利者の寄与分の計算

相続開始時の遺産の価額からその者の寄与分を控除したものを相続財産と見なして各人の相続分を算出した額に、その者の寄与分を加えた額をその者の具体的相続分とします。

具体的計算例
相続人:長男、二男、三男
相続財産:1500万円
長男寄与分:500万円
三男特別受益:500万円

みなし相続財産
1500万円-500万円(長男寄与分)+500万円(三男特別受益)=1500万円

相続分
長男:1500万×1/3+500万=1000万
次男:1500万×1/3=500万
三男:1500万×1/3-500万=0円


 

お問い合わせはコチラへ!

icon 電話番号0594-76-8787 icon FAX0594-76-8885
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る