HOME > コンテンツページ
相続欠格のhead_img

相続欠格・廃除

相続欠格

相続欠格 欠格とは、相続人となるべき者が故意に被相続人を殺したり、詐欺や強迫により遺言書を書かせたりした場合などに、法律上当然に相続権を失うことです。
その者は、相続権を失いますが、もし子がいれば、欠格は代襲原因ですので、代襲相続ができます。


 

廃除

廃除 廃除とは、遺留分を有する推定相続人による被相続人への虐待、重大な侮辱、その他著しい非行を行った場合に、被相続人が家庭裁判所へ申し立てて相続権を失わせることです。被相続人は、廃除を遺言によってすることもでき、また、いつでも廃除の取消しを請求することができます。

 

お問い合わせはコチラへ!

icon 電話番号0594-76-8787 icon FAX0594-76-8885
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る