">
HOME > コンテンツページ
相続の開始のhead_img

相続の開始

1.相続開始の原因

相続は人の死亡(自然死亡)によって開始するのが原則ですが、行方不明でその生死が判明しないときは、失踪宣告によって死亡したものとみなされて、相続が開始する場合があります。


 

2.相続開始後の主なスケジュール

交通事故等で死亡した数人中、どちらが先に死亡したか不明な場合、同時に死亡したものと推定されます。この場合、お互いに相続は発生せず、相続人とはならないが、代襲相続の原因となります。

例えば、祖父と父が同乗する乗用車が交通事故に巻き込まれ、どちらが先に亡くなったかはっきり分からないような場合。
相続人が、祖母、母、自分である場合に、
(1)祖父の遺産については、祖母と、父ですが、父が同時に亡くなっているので、父の相続人である自分が代襲相続します。

(2)父の遺産については、母と自分が相続人となります。

 

2.相続開始後の主なスケジュール

(1)死亡届の提出      7日以内に市区町柿役場に提出 
(2)相続放棄・限定承認   3ヵ月以内に家庭裁判所に申述
(3)所得税の準確定申告   4ヵ月以内に被相続人の所得税の申告と納イ寸
(4)相続税の申告      10ヵ月以内に相続税の申告と納付 はならないが、代襲相続の原因となります。

例えば、祖父と父が同乗する乗用車が交通事故に巻き込まれ、どちらが先に亡くなったかはっきり分からないような場合。
相続人が、祖母、母、自分である場合に、
(1)祖父の遺産については、祖母と、父ですが、父が同時に亡くなっているので、父の相続人である自分が代襲相続します。

(2)父の遺産については、母と自分が相続人となります。

 

お問い合わせはコチラへ!

icon 電話番号0594-76-8787 icon FAX0594-76-8885
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る