HOME > コンテンツページ
相続放棄のhead_img

相続放棄・承認

相続放棄

相続放棄とは、相続人としての地位から離脱することです。
相続放棄をするしないの選択は各相続人が個別に決定します。
相続放棄をしたい相続人は「自己のために相続の開始があったこと知ったとき」から3ヶ月以内に被相続人が住んでいた場所を管轄する家庭裁判所で相続放棄の陳述する必要があります 。

 

限定承認

限定承認とは、被相続人の財産も負債も引き継ぐのですが、その債務は相続によって得た財産の範囲内でのみ支払い責任を負い、相続人固有の財産で責任を負わないものとする手続きです。
限定承認をしたい相続人は「自己のために相続の開始があったこと知ったとき」から3ヶ月以内に被相続人が住んでいた場所を管轄する家庭裁判所で限定承認申し立てる必要があります
相続にが複数いる場合は、限定承認は全員でなければ申請できません。
相続人の中に一人でも反対するものがいれは、限定承認できないことになります。

相続放棄、限定承認に関する注意事項
・被相続人の相続開始前にすることはできません。

・相続開始前にたとえ推定相続人間で相続放棄の合意があったとしても、法的拘束力はありません。

・一度承認、放棄をすると原則として撤回はできません。

・相続を放棄した者は初めから相続人でなかったものとみなすため、相続放棄をした者の子は代襲相続人とはなりません。

・相続を放棄した者であっても、死亡保険金を受け取ることができる

 

お問い合わせはコチラへ!

icon 電話番号0594-76-8787 icon FAX0594-76-8885
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る